滋賀県大津市に薬を売らない薬局と施術しない鍼灸院がある、そのココロとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

kenko-sha

薬を売らない薬局、施術しない鍼灸院とは?

滋賀県大津市に、何と「薬を売らない薬局と施術しない鍼灸院」がある。そのココロを探ってみよう。

ヘルスステーションけんこう舎、山岡 康人(やまおか やすひと)さん、啓子(けいこ)さん

COREZO(コレゾ)「食養が一番、薬を売らない薬局と施術しない鍼灸院」賞

山岡 康人(やまおか やすひと)さん
COREZO(コレゾ)「食養が一番、薬を売らない薬局と施術しない鍼灸院」賞 山岡 康人(やまおか やすひと)さん プロフィール 京...

施術しない鍼灸院とは?

「大学で応用化学を勉強して、排水処理の機器メーカーに務めていたんやけど、家内(啓子さん)が、漢方と鍼灸、食養で治療する診療所に務めていた影響もあって、僕も一念発起し、勤務先の近所にあった鍼灸師の専門学校に通って、免許を取得しましてん。ほんで、いざ、鍼灸治療を始めてみると、鍼灸も手当てであり、薬と同じく食事指導では間に合わない時の一種の対処療法でしかなく、患者さんは患者さん自身でしか治せへんねん。結局、生活習慣を改善して自分自身の免疫力、自然治癒力を高めるしかあれへんから、『食』が一番大事や、ということに気づいたんやね。」

「症状診て、食生活のことも尋ねて、指導させてもらうんやけど、患者さんもね、自分で治そうという人は気づいて見直すようになりはるから、だんだん症状も改善して、施術せんでええようになりはる。でもね、自分で治す気のない人は、施術したその場は症状が治まっても、その原因から治そうとしはらへんから絶対に根治はせえへんねん。しばらくしたらまた調子が悪くなって、何度も来てくれはるねんけど、そういう患者さんを施術していると、こっちにまで悪い気が伝わって来るような気がするし、正直ゆーと、自分で治す気がない人は施術したくないねん。」

「それで、自分と家族を守るには「健康」とそれを支える「食」が一番大事だということを広く知ってもらえるような「食」と「健康」の情報ステーションをやりたいと思って、この店(けんこう舎)をオープンしたんやわ。」

薬を売らない薬局とは?

「薬を売らない薬局をやりたかったんです。主人も言ったと思いますけど、薬の対処療法だけでは、患者さんを根本的に治すことはできません。免疫力や自然治癒力を高めるには、『食』が一番大切です。だから、このお店には自然食品店が前にあって、薬局は後ろに隠れています。」

「薬局・薬店の許可を受ける時には、薬局を前面に出さないと許可をしないという担当者と主人の間で、押し問答がありました。何とか許可してもらいましたが、思惑通り、処方箋を持って来られた方や薬を指名して買いに来られた方以外には積極的に販売していません。」

薬を売らない薬局をやりたかった理由

「最初の子供がダウン症で生まれ、二番目にアトピーが発症しました。当時、保健所の指示通りに牛乳、卵、肉類をたっぷり摂っていて、その上、無性にチョコレートが食べたくなり、つい手を出していました。出産後、乳児湿疹だから直ぐに治るといわれたが、だんだんひどくなって、食品添加物等には人一倍気をつけていたつもりでしたが、一般のスーパーで売っている食品にはいろんなものが添加されていて、知らないうちに摂っていたことに気付きました。」

「妊娠中の食物からの影響を強く感じ、その頃から現代栄養学の頭でやるのは何か間違っているのではないかと思うようになりました。今になって思えば、上のお二人の子供のおかげで、いろんなことに気づかせてもらって、主人が鍼灸や自然食に本腰を入れ、自然食品店を始めるきっかけにもなりました。」

「その後、三番目の子供の妊娠に気づいてから、肉や魚抜きの玄米菜食を始めて、四番目も、近くの産婆さんで自然分娩出産し、二人ともご健康で、上のお二人で経験した大学病院での非人間的な出産との大きな違いも実感しました。」

人体実験?10年で保健所の指導が変わる⁉︎

「一番上と4番目の子供の出産には約10年の開きがあり、一番目の時には、保健所は、1日に牛乳を2本以上、卵も1個以上摂るようにと指導していたのに、アトピーが増えてきて、牛乳が要因ではないかとわかってくると、牛乳は飲み過ぎるな、離乳食は早くから与えるな、に変わりました。」

女性の場合、妊娠出産期はご自身とご家族の『食』を考え直す一番いい機会

「ある程度実証数が揃わないと、保健所の指導も含めて、社会体制が変わらないのはわかりますが、その間、対象者は人体実験されているようなものですから、人間の健康をそんなふうに扱っていいのか、と疑問に思いますよね?女性の場合は、実際にお産を経験してみると、食べ物が自分自身や子供の身体にどれだけ影響するかがよくわかります。だから、妊娠出産期はご自身とご家族の『食』を考え直す一番いい機会です。自分が経験して初めて知ったことも沢山あって、できれば、店に来られる若いお母さんたちに教えて差し上げられたらいいなと思っています。」

ちゃんと作ってはるホンマもんは、おいしいに決まっている

「でもね、いくら『食』が大事だと言ったところで、おいしくないと続かへんねん。だから、店の品揃えには、安全、安心で、おいしい「食」にこだわってますねん。」

「お店で扱う『食』を調べ始めると、昔ながらの製法でちゃんと作っているものは手間と時間とが掛かっていて、おいしくて、身体に善く、それなりの値段がして、日持ちはせえへん。より安く提供するために、手間と時間を掛けず、ちゃんと作らないで、その上、日持ちがするものは、身体に善いとは思えないそれなりのものが必ず添加されていて、おいしくないことがわかってきたんやわ。昔の人の知恵ってすごいよ。漢方も同じやけど、長い年月をかけたひとつひとつの積み重ねやからね。」

「ウチで仕入れている野菜や豆腐はもちろん、その他の食材も塩や醤油といった調味料もぜーんぶ、つくってるとこやつくってる人を自分の目で確かめてるし、結構、手間かけてまんねんで。どれもこれも手抜かんと、ちゃんと作ってはるホンマもんばっかりですわ。ちゃんと作ってはるホンマもんは、おいしいに決まってますやろ?今どきは、フツーにフツーのもん作るのが難しい時代ですわ。」「お店で扱う『食』を調べ始めると、昔ながらの製法でちゃんと作っているものは手間と時間とが掛かっていて、おいしくて、身体に善く、それなりの値段がして、日持ちはしません。より安く提供するために、手間と時間を掛けず、ちゃんと作らないで、その上、日持ちがするものは、身体に善いとは思えないそれなりのものが必ず添加されていて、おいしくないことがわかってきました。昔の人の知恵ってすごいですよ。漢方も同じですが、長い年月をかけたひとつひとつの積み重ねですからね。」

「食」と「健康」の情報ステーション

「食」と「健康」の情報ステーションの機能として、「食」と「健康」を中心にいろんな分野の講師を招いたセミナーや料理の講習会を随時、開催しておられる。

まとめ

食いしん坊で、おいしい「食」には人一倍関心があったが、「自然食」=「健康食」=「病人食」という強いイメージがあり、「自然食」や「自然食品店」には全く興味がなかったが、山岡さんご夫婦と出会って、そのイメージが一新した。

その後の多くの人々との出会いを通じて、山岡さんご夫妻のおっしゃったことの意味とホンモノを守ることの大切さがより深くわかって来るのである。

ちなみに「自然食」を調べてみると、「農薬や化学肥料を使わない農産物」、「化学調味料や合成保存料等の食品添加物を一切使っていない自然のままの食品」を指すらしい。

医療費や薬にお金を掛けるぐらいなら、ホンモノのおいしい食品を選んで食べたほうがよっぽどいいのでは?

日本の医療費がどれぐらいかご存知?
日本の医療費 厚労省統計によれば、 1955(昭和30)年に約2,000億円(GNP比2.8%)だったのが、1988(平成元)年...

COREZO (コレゾ)賞 事務局

初稿;2015.05.17.

編集更新;2015.05.17.

文責;平野龍平

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です